すごいアンチエイジング

最新のエイジングケアってすごいんですよぉ~

小皺や弛みを回避するには正しい洗顔が欠かせません

日ごろから、保湿ケアを入念に施す事で、乾燥ジワやたるみの無いお膚でいられます。緩みや、乾燥ジワの少ない皮膚になるためには、美容に良い食べ物を継続的に毎日の献立に組み入れたり、たるみ予防のためのアロママッサージを続けていくことが大事です。

季節によって紫外線の強さは変わってきますが、年間を通じて継続的に日焼け対策をするのがエイジング対策に効果的だと言われています。UVで身体を焼く行為は、数年前までは焼き過ぎない範囲なら健康美と言われていたのですが、近年ではUVは肌を損ねてシミやしわの原因になるものと言われるようになりました。

強い紫外線にさらされた皮ふは細胞組織が破壊されて、皮ふを傷つけ、しみやシワといった肌老化を招くので、避けたほうがいいとされています。膚にUVを受けてしまうと、それによってくすみができたり、乾燥で膚の水分が奪われてしまいます。

フェイスケアをしっかり行い、皮膚から無くなっていく水分を補給してあげることで、紫外線の肌への影響を和らげることが可能になります。クレンジング剤を使用して洗顔する際には、脂皮汚れが浮き上がってくるように、皮膚の上に優しくメイク落とし洗顔料の泡を乗せていきます。

メイクを洗い流した後の洗顔も同じく、ホイップした洗顔剤を顏にそっと乗せて、力まかせに擦ることのないように、泡を滑らせるようにお顔を撫でながら洗います。微温湯でフェイスをゆすぐことも、顔洗においてとても重要になります。熱めのお湯で洗顔した場合、皮ふのバリア機能を果たす皮脂膜の油分まで取り除いてしまうので要注意です。

ダブル洗顔が終わり済んだ直後、膚がまだ湿っている内にアルカリ性化粧水をふんだんに使って皮膚に浸透させ、エマルジョン乳液で潤いを閉じ込めるようにします。

UVが原因で乾燥気味の膚でも、入念な洗顔とデイリーケアを行うことで、皮膚に充分なうるおいを補給していく事が可能なのです。

Comments are currently closed.